全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株式用語集


   *全角と半角は区別されます。
   *詳しい使い方はこちら
その他

ミニ株

みにかぶ 株式

売買単位の10分の1の株数から購入できる取引のことをミニ株といいます。

通常、株の売買は売買単位というものが決められており、
1000株単位の場合は1000株以上しか購入することができません。

しかしミニ株制度を導入している証券会社では、
売買単位1000株の場合でも、100株から購入できます。

小額資金で株式に投資できますが実際に売買注文が行われるのは、
発注した日の次の営業日の最初の売買取引所で付いた値段となります。

つまり、注文は必ず、前日にすることになり、
値段はその日の初めに付いた値段となるため、
成行注文しかできません。

株主優待がもらえない、取り扱っている証券会社が一部に限られる、
などのデメリットがありますが、
小額から投資できるというのが、最大のメリットといえます。

1995年10月に東京、大阪、名古屋、ジャスダックの証券取引所に、
上場している株式を対象にスタートしました。

ただし、売買単位が1株の銘柄は対象外となっています。

興味のある方はミニ株についても参照してください。