全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株式用語集


   *全角と半角は区別されます。
   *詳しい使い方はこちら
その他

転換社債型新株予約権付社債

てんかんしゃさいがたしんかぶよやくけんつきしゃさい 債券

社債に新株予約権が付された形態で発行される債券を、
転換社債型新株予約権付社債と言います。

転換社債型新株予約権付社債は、
保有者が、その社債が発行された時に決められた転換価格で、
株式に換えることができる社債です。

社債の一形態ですから、
確定利付債としての利息収入を毎期得られるほか、
株価との連動商品という特徴から、
時価の変動の影響を受けることになります。

2001年臨時国会で商法改正が成立し、
新株予約権制度が創設されたことに伴い設けられました。

これにより商法上、社債は、
普通社債と新株予約権付社債となりました。

2002年4月1日以前は「転換社債」と呼ばれていましたが、
2002年4月1日以降に発行されたものは、
同様の商品性を持つものとして、
「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになりました、
これらを総称としてCB(Convertible Bond)とも呼びます。