全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株式用語集


   *全角と半角は区別されます。
   *詳しい使い方はこちら
その他

立会外分売

たちあいがいぶんばい 証券市場

立会場外で大量の売り注文を分売する売買方法を、
立会外分売と言います。

取引所会員が、
取引所の定めた数量以上の売りつけ注文の委託を受け、
立会場内での取引が困難と認められた時に行われます。

執行しようとする際には取引所に届け出をしたうえで、
売買立ち会い終了後に分売の条件を発表し、
翌朝の決められた時間までに、
買い付けの申し込みを受けて売買を成立させます。

分売は固定値段による方法で、
顧客側は委託手数料以外に立会場外委託手数料、
立会場外分売引き受け料を負担します。

立会外分売は上場会社の株式分布状況の改善、
とくに個人株主の増大を図るための方策として、
1967年の開始以来広く利用されています。