全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株式用語集


   *全角と半角は区別されます。
   *詳しい使い方はこちら
その他

IPO(Initial Public Offering)

あいぴーおー 証券ビジネス

非上場株を新しく上場し、広く一般向けに公開するなど、
市場に新たに株式を公開することをIPOまたは、
新規公開新規上場と言います。

それまではオーナーやその関係者(家族や身内など)だけが、
株を保有している状態だったのを、
広く一般的に公開(上場)することになるので、
株価が急上昇することが多いとされています。

公開の方法は、公募(増資分の株式を投資家に応募してもらうこと)と、
売り出し(すでに発行済みの株式を投資家に売り出すこと)の、
2つの方法がありますが、
通常の新規公開においては、この2つが同時に行われることが多いです。

ブックビルディングといわれる方式で発行価格を決めるのが主流となっています。

新規公開株を購入するには、
まずブックビルディング期間に需要申告を行い、
需要申告を元に、価格が決定された後に行われる抽選で当選すると、
購入の権利が得られます。

不特定多数の投資家から資金を募る以上、
新規公開された会社は証券取引法などの法令によって、
企業の業績などの定期的な開示(ディスクロージャー)が義務付けられます。

一方で、成長に必要な資金の調達、
知名度の向上による人材の採用などメリットも多く、
近年株式の新規公開を目指す会社が急増しています。