全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 少し実践的な知識 > 比例配分ってなに?

少し実践的な知識

比例配分ってなに?

ストップ高やストップ安というものがあるというのは、
今までにも説明した通りです。

その日の値幅制限いっぱいに株価が上がった状態をストップ高
逆に値幅制限いっぱいに株価が下がった状態をストップ安と言いました。

ここでは、ストップ高、ストップ安に関係している、
比例配分とはなにか、を説明したいと思います。

ストップ高やストップ安というのは、
売りと買いの数が合っていないために起こります。

たとえば、
売り10万株に対し、買い1万株なら、
売り気配が強くなり、ストップ安となります。

この場合に、ストップ安のまま大引け(15時)を迎えると、
1万株だけストップ安の値段で約定させることになります。

このとき、買い1万株にたいして、
売り10万株なので、当然売り注文を出している人たち、
全員が約定できるわけではありません。

では、どうやって決めるかと言うと、
この場合、10万株の売りを出している人たちの中から、
抽選で決めることになります。

売買注文というのは、

投資家→証券会社→証券取引所

という流れになっているのは、
「株を売買するには、、」で書いた通りです。

ですので、この状況では、
証券取引所には、いろんな証券会社から売り注文が出ていることになります。

たとえば、以下のようになっています。

証券会社A
証券会社B
証券取引所
証券会社C
証券会社D

もしこの状態で、大引け後に1万株を約定させる場合、
抽選で決めるのですが、証券会社から出ている、
売り注文の数に比例して、買い注文を割り当てることになります。

つまり、上記の図の場合なら、
買い注文1万株を、
証券会社Aに5000株、
証券会社Bに2000株、
証券会社Cに2000株、
証券会社Dに1000株、
のように割り当てます。

つまりどの証券会社も、
抽選に当たる確率は同じになります。

このあと、注文を早く出した人から、
約定させるか、完全に抽選で割り当てるかは、
各証券会社によって違います。

このように、ストップ安で値が寄り付かなかった場合に、
売り注文の株数に比例して買い株数を配分することを、
ストップ安比例配分と言います。

逆にストップ高で買い株数に比例して、
売り株数を配分することを、
ストップ高比例配分と言います。

配分後にどのような抽選がされるかは、
証券会社に直接問い合わせなければわかりません。

この場合に、早いもの勝ちで約定する場合は、
1株だけ約定する、ということはあまりないかもしれませんが、
完全に抽選になる場合は、
約定株数がどれくらいになるかは全く予測できません。

このページをはてなブックマークに追加