全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 少し実践的な知識 > 最低限必要な信用取引の知識

少し実践的な知識

最低限必要な信用取引の知識

地球上で一番わかりやすい株講座は、
その名の通り株のサイトです。

信用取引のサイトではないので、
あまり詳しく説明はしませんが、
株をやる上でも、信用取引の知識があれば役に立つことがあります。

ですので、そういうところに焦点を当てて、
少し信用取引の説明をしたいと思います。


 まず、信用取引とはなにか?
普通、株をやる場合は、証券会社にお金を入れて、
入れた金額分以内の額で、株の売買をしていると思います。

この場合は信用取引ではなく、現物取引になります。

信用取引は、わかりやすく言えば、
証券会社からお金を借りて、
そのお金で株式投資をするということです。

ですので、証券会社に入れたお金以上の額を運用することができます。

これが信用取引の最大の特徴になります。

証券会社がお客を信用してお金を貸すので、
信用取引と言われています。

しかしいくら信用するといっても、
無条件でいくらでもお金を貸してくれるわけではありません。
(証券会社も、そこまで信用はしていません!(笑))

お金を借りたい場合は、
証券会社に委託保証金(つまり担保です。)を入れる必要があります。

さらに、借りている間は、当然金利がかかります。

証券会社によって違いますが、
金利はだいたい3%から4%程度です。

委託保証金に関しても、いくらでもいいと言う訳ではなく、
最低これだけは担保として入れてください、というラインが決められています。

これも証券会社によって違いますが、
30万くらいのところが多く、
だいたいその3倍ほどのお金までなら、
貸してくれます。

なぜお金を借りてまで株を買うかというと、
単純に30万のお金だけを運用するより、
90万のお金を運用した方が、資金効率がいいからです。

しかし当然リターンが3倍になる分、リスクも3倍になります。

たとえば、30万の委託保証金で90万の額を運用し、
10%の9万円の利益を出せば、
自分がはじめに出した委託保証金の30万から考えると、
30%の利益になります。

株では10%の利益はそう難しいことではありませんが、
30%の利益となると1年かけてもなかなか難しいです。

しかし、同じく90万の10%の損失が出た場合を考えると、
30万に対しては30%の損失になってしまいます。

ですので、株式投資になれた人、自信のある人でないと、
手を出さない方が無難なのが信用取引です。

このように少ない元手で大きな資金を動かし、
利益を狙うことをレバレッジと言います。

レバレッジはてこの意味で、
少資金を元に大きな資金を動かすことが、
小さい力で大きなものを簡単に動かせるてこの原理に似ていることから、
こう呼ばれています。


 もっていない株を売ることもできます。
これ以外の信用取引の特徴としては、
空売りをできるということです。

空売りとは、信用取引で、お金ではなく、
株を借りて、売ることです。

自分が下がると思った銘柄を高値で売っておけば、
思惑とおり下がれば安値で買い戻すことによって、
利益を出すことができます。

証券会社には借りた株を返しさえすればいいので、
高いときに借りておき、安くなってから返しても、
何も文句はいわれません。

ちなみに空売りは信用取引でしかできません。

普通の証券会社口座を開いただけでは信用取引はできませんので、
空売りをやりたい場合は信用取引口座を開設する必要があります。


 借りた物を返す期限が決まっています。
基本的に、お金にしろ、株にしろ、
借りた場合は返す期限が決まっています。

信用取引には、制度信用一般信用の2種類があります。

制度信用は全証券会社共通のもので、
証券取引所が信用銘柄を選定し、決済期限(お金、株を返す期限)を、
6ヶ月と決めています。

一方一般信用は、金利や決済期限が証券会社ごとに決められているので、
証券会社によってまちまちですが、決済期限は無期限のものが主流になっています。


次のページでは、より売買に役に立つ信用取引の知識を説明します。

このページをはてなブックマークに追加