全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 少し実践的な知識 > 株式分割って何?

少し実践的な知識

株式分割って何?

少し株に興味がある人なら、
株式分割という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

ここでは、株式分割は、
株主にとってどんな得があるのかなど、
押さえておきたいポイントを紹介したいと思います。

株式分割は、その時々によって、2分割されたり、
1.5分割されたり、時には100分割されることもあります。

2分割された場合は、
株価は半分になり持ち株数が倍になります。

たとえば、
1000円の株を100株持っていたとすると、
500円の株を200株持つことになります。

ですので、株式分割によって、
持ち株の価値が倍になったりすることはなく、
何分割されようと、基本的に分割前と分割後の価値は変わりません。

新しく分割された株は、放っておけば、
証券会社の口座に入りますので、
何か手続きをしなければもらえない、と言う事はありません。

分割された日は株価が半分になっていたりするので、
一瞬びっくりしますが、(にーちゃんもびっくりした経験があります!)
すぐに株が入庫されるので心配ありません。

1.5分割された場合も2分割の場合と、
考え方は同じで、たとえば、
1200円の株を100株持っていたとすると、
800円の株を150株持つことになります。

この場合、少し注意しなければいけないのですが、
一単元が100株の場合、
端数の50株は通常の方法では売ることができません。

この場合、この50株を売りたい場合は、
証券会社に引き取ってもらうことになります。

 株式分割によって得すること
では、一体株式分割の何が得なのでしょう?

分割前と後で持ち株の価値は変わらないと言いましたが、
分割後も分割前と同じ一株あたりの配当を出すこともあります。

一株あたりの配当をそのままに、
株の数が倍になるとすると、
年間にもらえる配当の額は倍になります。

この場合は分割によるメリットは大きいです。

また、実質配当が倍になった場合は、
当然人気が出ますので、
その分株価が上がることも考えられます。

さらに、分割前の株価が高い場合、
たとえば1株90万だった場合に、
3分割すると、30万で1株購入できるようになるので、
安くなった分だけ、個人投資家にも買いやすくなります。

買いたいけど、高すぎて買えなかった人も、
分割によって買えるようになるケースもありますので、
これによって需要が増えた事になり、株価の上昇が期待できます。

最近では、どこの企業も個人投資家を強く意識し、
一単元あたりの値段がどんどん安くなってきています。

以前はミニ株などが人気でしたが、
今では、企業が意識して株式分割するため、
普通の株式投資でも、十分安く買えるものが多くなっています。

以上のことから、一般的に、
株式分割はプラス材料とみなされます!

 なぜ株式分割するか
一番の理由は上の項目で書いたように、
個人投資家にも手の届く値段にし、
買いたいけど、高くて買えなかった人に買ってもらうためです。

これによって、株価の上昇だけでなく、
流動性を高めることも可能になります。

たとえば、1株100万の株であれば、
一回の売買単価が100万になってしまい、
持分の20%だけ売る、ということができません。(当たり前ですが(笑))

しかし、仮にこれが5分割されているとすると、
20万の株を5株持っていることになるので、
持ち株の20%である1株だけを売る、
ということも可能になります。

また、買う側からしても、
以前なら買う際は100万用意しなければならなかったのに対し、
5分割されていれば、とりあえず20万で買えるので、
少しお手軽感が出てきます。

このように分割されると、
売り手も買い手も増えることになり、
流動性が高まります。

「変則的なローソク足?」のところでも説明しましたが、
流動性が低いと、思い立ったときに売るということができませんので、
それを嫌がる投資家もいます。

また、最近では東証から、
最低購入価格が50万以上の上場企業に対して、
最低購入価格の引き下げを要請しています。

この場合、

・売買単位を下げる
・株式分割をする

のどちらかが行われることになります。

しかし、この要請は必ずしも、
いつまでに実施しなければならない、
というほど、強制力の強いものではありません。

また、例がちょっと古いですが、昔株式の1万分割をして世間をにぎわしたライブドアでしたが、
ライブドアショック以降、あまり過剰に分割するのはよくない
という風潮が芽生えています。

これによって、分割しすぎた株式を合併する企業もちらほら見受けられます。
(ライブドア自体もそのひとつですね。)

このページをはてなブックマークに追加