全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限のファンダメンタルズ分析 > 株価の割安度がわかる指標「PBR」

最低限のファンダメンタルズ分析

株価の割安度がわかる指標「PBR」

PERに並んで有名な指標にPBRがあります。

株価純資産倍率とも言いますが、
これも、株をはじめたらすぐに覚える指標だと思います。

PBRは、資産に対する割安度を表しています。

以下の式で算出されます。

PBR = 株価 ÷ 一株当たり株主資本

ですが、これも面倒な人は即効で忘れて、
以下に書くことをメインで覚えてください。

PBRは高いほど割高、低いほど割安です。

PERと同じです(笑)

これもYahooファイナンスなどで確認できます。

PBRはPREとは少し違って、理論的に損をしない分岐点があります。

それはPBRが1以下の会社です。

PBRは会社の資産に対する、株価の割安度を測る指標ですが、
わかりやすく例えると、PBR1以下の会社の株を買うということは、
1万円入った財布を1万円以下で買うということです。

もし会社が解散した場合は、
その会社の資産が、株主に返されることになるので、
この1万円は、持株数に応じて、
株主の手に渡ることになります。

なので、そのまま会社が解散しても、
理論上は損はしないということになります。

ただ、本当に解散する場合は、
いろんな経費がかかったり、
帳簿上の資産を再度評価し直したりします。

財布に入っている1万円を当てにしていたのに、
ちゃんと調べてみると6千円くらいしか入っていなかった!
ということもありえます。

ですので、PBR1倍以下ならすぐに買いか、というと、
それもちょっと危険なので、
PERや次に説明するROEなどの指標とあわせて考えてください。

銘柄分析には、いろんな指標が登場します。

それぞれ効果のあるものですが、
これ一つでいける、という万能なものはありません。

ですので、いろんな指標を吟味して判断することが必要になってきます。

さらに、あまりにPBRが低すぎる会社は何か問題があるケースもありますので、
その場合は買う前によく調べましょう。

にーちゃんの場合は、
だいたい0.5~1.5くらいの会社に目をつけます。

PBRがマイナスの企業は負債を抱えていますので、
これも投資対象からはずします。

このページをはてなブックマークに追加