全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限のファンダメンタルズ分析 > 株価の割安度がわかる指標「PER」

最低限のファンダメンタルズ分析

株価の割安度がわかる指標「PER」

株価の割安度を測る指標として、
投資家の間でよく使われるもっとも基本的な指標のひとつがPERです。

株価収益率とも呼ばれますが、
誰もが株をはじめたころに、一番最初に覚える指標だと思います。

PERは、収益に対する割安度を表しています。

以下の式で算出されます。

PER = 株価 ÷ 一株あたり利益

ただし、この式の計算結果は、
すでにYahooファイナンスなどに掲載されているので、
今の段階では計算式を暗記するようなことはしなくてよいと思います。

次のことだけ覚えておいてください。

PERは高いほど割高、低いほど割安です。

Yahooファイナンスを見てもらえればわかりますが、
だいたい10~2、30くらいの数字が多いです。
にーちゃんの意見ですが、自分は何もわからない!という人は、
だいたい15以上の企業はその時点で投資対象外にします。

100を超えてる企業やマイナスになっている企業なんかもありますが、
論外です。にーちゃんは絶対に買わないようにしています。

PERがマイナスの企業は赤字です。

PERが高いということは、
その会社の稼ぐ力に比べて、
株価が割り高になっているということです。

基本的にPERが高い銘柄というのは、
下値の不安が大きいです。

つまり、すでに高いので、
大きく値下がりする可能性の強い銘柄である、
と思っておいてください。

PERの低い銘柄なら、
誰もが割安と判断できるため、
例え悪材料が出たとしても、
高PER銘柄よりは、下値が知れています。

できるだけ低PER銘柄を見つけるようにしましょう。

最低限のPER分析ですから、
とりあえず、ここに書いたことだけ覚えておけば十分です。
これで、個人投資家の中でも中の上は行ったと思います(笑)

このページをはてなブックマークに追加