全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限知っておきたいこと > ローソク足の読み方

最低限知っておきたいこと

ローソク足の読み方

株価は分単位、秒単位で常に変動していて、
日々の株価の動きはチャート(グラフのようなもの)
で表すようになっています。

このチャートを見れば、
たとえば、「1週間ほど前から株価が下がり始めてるな。」
とか「今年に入って一番安い水準を割り込みそうだな。」
といった情報を得ることができます。

このチャートですが、
日本ではローソク足というものを使って表します。

実はローソク足は日本人が開発したもので、
情報が凝縮されており、非常に合理的です。

株価は取引されている間中、常に変動しているので、
一日の間でも、いろんな値をつけます。

たとえば、朝取引が開始されたときに1000円で始まった株価は、
昼頃にその日一番安い値段の990円をつけましたが、
その後、どんどん買われて高くなっていき、
後場の引け間際にはその日で一番高い1040円をつけ、
その日の最後の取引で1030円をつけたとします。
(注:株価は買われると高くなり、売られると安くなります。)

この時のそれぞれの値段を次のように呼びます。

一日のはじめに取引された値段・・・始値(はじめね)
一日で一番安い値段・・・安値(やすね)
一日で一番高い値段・・・高値(たかね)
一日の最後に取引された値段・・・終値(おわりね)

これをローソク足であらわすと、次のようになります。

ローソク足:陽線

これが1日の株価推移を表したローソク足で、日足(ひあし)と呼ばれています。

このように、中を塗りつぶしていないローソク足を陽線と言い、
その日の始値より、終値が高い価格で終了した時は陽線で表します。

始値より終値が安い価格で終了した場合は、次のようなローソク足になります。

ローソク足:陰線始値より終値の方が安くなって終わったため、
始値が上に来ます。

この時、ローソク足の中は塗りつぶした状態になります。
これを陰線とよびます。

陽線でも陰線でも、日足は1日につき1本出来上がります。

したがって、1週間なら、株取引をしているのは、
営業日の5日間ですから、
日足が5本できることになります。

では、実際のローソクチャートがどのようなものかだけ見ておきましょう。

ローソク足チャート:本田技研工業

赤の白抜きが陽線、青で塗りつぶしているのが、陰線になります。
このチャートでは徐々に株価が上昇していっているのがわかります。

全体で見ても、上昇していることはすぐにわかると思いますが、
日足1本単位で見ても、その日の売買の値段が大まかにわかると思います。

また、陽線は赤、陰線は青と決まっているわけではありません。

陽線は中が白抜き、陰線は中を塗りつぶすということだけ決まっています。

ただ、少数派ですが、証券会社によっては、白抜き、塗りつぶすで区別せず、
単に色の違いで区別する場合もあります。

上の例では、一日単位での株価の推移を見ていました。
これを日足というのは説明した通りですが、
この他にも、推移を見る期間を変えて、次のようなローソク足があります。

分足(ふんあし)・・・分単位での始値、安値、高値、終値の情報を含んだローソク足。
            1分足~5分足などがポピュラーです。

週足(しゅうあし)・・・週単位での始値、安値、高値、終値の情報を含んだローソク足。
            1ヶ月で約4本できます。

月足(つきあし)・・・月単位での始値、安値、高値、終値の情報を含んだローソク足。
            1年で12本できます。

通常証券会社では、分足、日足、週足、月足、
Yahooファイナンスなど、ポータルサイトのファイナンスでは、
日足、週足、月足を見ることができます。

分足は一日の内に売り買いをするデイトレーダーなどに重宝されていますが、
通常の株式投資では、それほど使う場面はないと思います。

このページをはてなブックマークに追加