全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限知っておきたいこと > 注文方法の種類

最低限知っておきたいこと

注文方法の種類

今までの説明では、「○円で、○株買います。」
という注文の仕方をしていましたが、
「いくらでもいいから、とりあえず買いたい!」
という注文の仕方もできます。

値段を指定する注文方法を指値注文
値段を指定しない注文方法を成行注文といい、
この2つが注文方法の基本となります。

指値注文は自分がこの値段じゃないと、
買いたくない、または、売りたくない、という場合に使用します。

なので、注文の仕方としては、
「1278円で100株買います」
というふうになります。

ただ、注意しなければならないのは、
指値注文をすれば、必ずしもその値段で売買成立するとは限らないということです。

つまり、「1278円で買いたい」と注文を出した場合、
1278円以下の値段で買いたいと言っていることになってしまいます。

なので、1277円で売買が成立するケースもあります。

また、株価が1300円の時に、
1278円で買いの注文を出しても、
値段に開きがありすぎるので、すぐには買えません。

場合によっては、1300円からそのまま株価が上昇していき、
結局買えなかったというケースにもなりえます。

これに対し、成行注文は、
「いくらでもいいから、とりあえず買いたい、売りたい!」
という注文の仕方になります。

ただ、本当にいくらでもいいというわけではなく、
そのときの株価が1278円なら、だいたいその前後になります。

ただ、成行の買い注文は、高い方へ、売り注文は安い方へぶれる傾向があります。
つまり、自分が損な方(相手にとって都合がいい方)にぶれてしまうことが多いです。

しかし、その分指値注文より早く売買成立するという特徴があり、
順番で言うと、指値注文をしている人より、成行注文をしている人の方が、
優先されます。

基本的に急いで売買したい、というとき以外は指値注文をする方がベターです。

さらに、成行注文は板情報に注文が反映されません。

なので、板情報で買いに対して大量の売りが出ているのに、
すぐに売り注文が消えてしまう場合は、

・誰かが売り注文をキャンセルしている
・成行の買い注文によって、売りが消化されている

のどちらかになります。

ですので、こういったことも踏まえて板情報を見ていきましょう。

また、指値注文、成行注文のほかにも、
細かく見ると、いろいろな注文方法(特殊注文)があります。

指値、成行に関しては、使い分けれないと、
売買に少し支障が出ると思いますが、
特殊注文に関しては、使いこなせれば、
個人投資家としては平均以上、
というニュアンスと思ってもらえればいいと思います。

つまり、今の段階では無理して使えるようにならなくてもいいと思います。

特殊注文は少し難しいので、「少し実践的な知識」の方に書いていますので、
そちらを参照してください。(現在作成中です!)

このページをはてなブックマークに追加