全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限知っておきたいこと > 単位株数について

最低限知っておきたいこと

単位株数について

株価が1000円の会社の株は、当然1000円あれば買えそうなものですが、
実はそうとは限りません。

株には単位株数というものが存在します。

株には、売買できる最小の単位が設定されています。

会社四季報や、ネット証券の売買画面などに、

単位 100株

などとかかれている場合、その株は、100株単位でしか売買できません。
つまり、1000円の株の単位が100株の場合、
買い注文を出すには、10万円+手数料が必要ということになります。

何株単位かは会社によってまちまちですが、500株のところもあれば、
株価が1000円くらいなのに、1株単位のところもあります。

単位が1株の会社の株は株価そのままの値段で買うことができます。
小学生が持っているお金でも、立派に投資ができてしまいます。

最近では、企業が個人投資家を意識して、
最低投資額を下げる傾向にあります。

その流れを受けてか、売買単位も変更されることがあります。

たいていは投資額が少なくなるように、
1000株から100株などへ変更するなどが多いようです。

特に東証では最低購入価格が50万を超える企業には、
株式分割または単位株数の引き下げによって、
最低購入価格を下げるように要請されます。

これは個人投資家でも、
無理なく投資できるようにとの計らいがあるようです。

ですので、売買単位を多く変更する会社はあまりありません。

最低購入価格が下がると言う事は、

みんなが買いやすくなる→需要が増える→株価が上がる

ということで、さらに、
最低購入価格が50万以上の企業は、
株式分割または売買単位の引き下げの可能性がある、
ということは、

最低購入価格50万以上の株を購入すれば、
近いうちに株式分割または売買単位の引き下げがあり、
需要が増えて株価が上がる、

という考えも頭の隅に置いておくといいかもしれません。

株式分割については、
会社四季報に、分割予想などがかかれているので、
それを参考にするとよいと思います。

このページをはてなブックマークに追加