全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限知っておきたいこと > 板情報とは

最低限知っておきたいこと

板情報とは


今いくらの値段にどれだけの買いの申し出があるかは、
板情報というものをみればわかります。

たとえば、以下の場合、

Eさん:D社の株を1300円で1株買います
Fさん:D社の株を1200円で2株買います
Gさん:D社の株を1500円で2株売ります
Hさん:D社の株を1400円で1株買います
Iさん:D社の株を1600円で1株売ります
Jさん:D社の株を1700円で1株売ります
Kさん:D社の株を1100円で2株買います
Lさん:D社の株を1800円で1株売ります
Mさん:D社の株を1500円で10株売ります
Nさん:D社の株を1900円で1株売ります
Oさん:D社の株を1000円で1株買います

このような要望の人たちがいるとします。

この場合、まだ少人数なのでなんとかなりますが、
人数が膨大になってきた場合は、この調子で書いていくとわからなくなってきます。

そこで、実際に売買をするときは、板情報というものを見ます。
上の例の場合だと、以下のようになります。

D社板情報
売気配株数気配値買気配株数
1900 
1800 
1700 
1600 
121500 
 1400
 1300
 1200
 1100
 1000

これならだいぶすっきりして、みやすいですね。

この場合の現在の株価は通常1500円か1400円のどちらかになります。
(株は売買が開始される時間が決まっていて、
その時間になると、いっせいに取引が開始されますが、
開始される直前なんかは、上記の状態で、
株価が1800円なんてこともありえます。)

この時、もし1500円で買い注文を入れると、即座に買うことができます。

しかし、1500円で12株の売りが出ているのに対し、
1400円に1株、1300円に1株しか買いが出ていないため、
1500円に売りを出している人たちが、妥協して、
売り注文の値段を下げてくるかもしれません。

こういった注文時の判断をするための情報として、板情報は重要な役割をしています。

ただし、「いくらでもいいからD社の株を買いたい!」という人の注文は、
板情報には反映されていません。


これに関しては、「注文方法の種類」のところで詳しく説明します。

ちなみにこの板情報は、証券会社によって、
別々にあるのではなく、共通してひとつの上場会社につき、ひとつです。

したがって、どの証券会社で板情報を見ても、
見る会社が同じなら、同じものを見ていることになります。

ですので、もし上の板情報の状況で、
自分もD社の株を1株1400円で買い注文を出すと、
全証券会社の、D社の板情報の1400円の買いの欄が、
リアルタイムでぴょこっと1だけ増えて2になるので、ちょと面白いです(笑)

自分が1400円の列に並んでいることを実感できます。

このページをはてなブックマークに追加