全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限知っておきたいこと > 株で利益が出るとき:配当

最低限知っておきたいこと

株で利益が出るとき:配当

株で儲かった!とよく言いますが、
いったいどうなったら、儲かるのでしょうか?

株で儲かるのは、

・配当が出たとき
・買った値段より値上がりしたとき

です。

今回は2つのうち、配当の説明をします。

またまた、わかりやすく、具体例で行きます。

しばらく会社をやって、思惑通り利益が出たAさんは、
利益の一部を、出資をしてくれた御礼として、
Bさんにあげることにしました。

成功することが保証されていない自分の会社に出資をしてくれたので、
これくらいは妥当だと考えたからです。

100万出た利益のうちの50万は新たな事業に使うので、
会社に置いておきますが、のこり50万は、
出資した比率に応じてお礼をすることにしました。

50万を全株数の10で割った、5万を1株あたりのお礼

ということにし、
Aさんの会社の株を5株もっているBさんには、25万円のお礼をし、
自分も5株持っているので、25万円もらいました。

これが配当です。

これは会社が儲かっている限りもらえるお金ですが、
実際は配当を出していない会社も多くあります。

これは会社の方針によるので、
配当を出さない会社は一概に悪いということはありません。

むしろ配当を出さずに得られるメリットもあります。

「株の税金について」のところにも書いてありますが、
配当をもらう時、受け取る側が10%の税金を払わなければなりません。
(2014年1月以降は20%)

ということは、上記の例で行くと、2人で合計50万の配当金を出していますので、

・Aさんの会社が投資家に払うお金:50万
・2人の投資家が受け取るお金:45万

ということになり、
企業からの支出は50万なのに、
そのうち有効に生きるお金としては、
45万になります。

もし、配当を出さなければ、
この50万を全て設備投資など、
利益拡大のための経費として使えるので、
無駄なお金は発生しましせん。
(税金が無駄とは言いませんが、、)

そのため、
企業の成長を重視する場合は無配当、
ある程度成長し、株主に利益を還元する段階まで来ている企業は、
配当を出す(増配する)。

という傾向はあります。

IT系企業では成長率が高い企業が多く、
無配にしている会社が多いようです。

また、利益の何%を配当にするかは、会社によって違うため、
必ずしも50%とは限りません。

さらに、配当をもらうには、
この日までに株をもっていない人はあげません!
という日が決められています。

これを権利確定日(けんりかくていび)といいます。

そしてこの権利確定日ですが、
少しややこしいのですが、
配当がほしい場合は、権利確定日を含めて
4営業日前までに株を買っていなければなりません。

なぜ4営業日かは、受渡日というものが関係しているのですが、
詳しくは「買い物の出鼻をくじかれたくない人へ:受渡日」を見てください!

このページをはてなブックマークに追加