全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 最低限知っておきたいこと > 株とは、、

最低限知っておきたいこと

株とは、、

実は書くのが一番難しい内容なのですが、
にーちゃんもはじめのころ、よくわからなかったので、
とはどういうものかを書いてみます。

わかりやすく、具体例で説明します。

たとえば、Aさんがお金儲けをするためのプランを思いついたとします。
そのプランを実行すれば、お金が儲かりそうなのですが、
そのプランを実行するための会社を設立するには、
少なくとも1000万円いることがわかりました。

しかし、Aさんは今、手元に500万しか持っていません。
Aさんはせっかくいいお金儲けのアイデアを思いついたのに、
会社を設立することができません。

それを見ていたBさんが、こんな提案をしました。

Bさん:「利益の一部をくれるなら、500万出してもいいよ。」

Aさんは初期費用に1000万かかると思っていたのに、
500万で会社を設立できるので、よろこんでこの提案を受けました。

利益の一部をあげなければならないのに、
どうして、この提案を受けたの?

と思うかもしれませんが、
会社を設立できないことには、
利益が発生しないので、はじまりません。

もちろん、この提案を断る経営者もいますし、
自分であと500万貯まるまで、
待つというのも選択肢にはあります。

ただ、思いついたプランは早く実現しないと、
誰かに先を越されることもありますし、
このページの最後で説明していますが、
1000万の事業を自分で1000万出資して起こすと、
事業に失敗したときに失う額は1000万になります。

しかしBさんに500万出してもらうことによって、
このリスクを500万に抑えることができます。

こういったことを総合的に考え、
Aさんは、Bさんの提案に乗ることにしました。

AさんはBさんにお金をだしてくれたということを証明するために、
「100万円を出資しました」という証明書を10枚作り、
500万円出してくれたBさんに5枚渡し、
残り5枚は自分で持っておきました。

これがです。(正確には株券といいます。)

この例のように、出資者がBさん一人なら、
だれが出資してくれたか覚えておけますが、
会社によっては、出資してくれる人が、何万人といる場合もあるので、
その証拠として株券というものが必要になってきます。

ですので、株券は100万円のものを10枚でなくても、
現時点のことだけを考えると、500万円のものを2枚でもいいのですが、
将来的に出資者が増えることを考えて、
(Bさんが持ち株のうち1枚だけを誰かに売りたい、などという場合を考えて、)
10枚くらいが適当だと判断しました。

また、この例の場合、Aさんの発案で会社を設立することになりましたが、
お金の面で言うと、AさんとBさんは同じ額だけ出しているので、
AさんとBさん、2人の会社ということになります。

つまりAさんもBさんも会社のオーナーということになります。

100万
100万 100万
100万 100万

Aさんの持ち株
100万
100万 100万
100万 100万

Bさんの持ち株
会社全体の株
(資本金1000万)
*AさんBさんの株は誰かに売ることができる。
*この場合、Aさんが50%、Bさんが50%の比率で2人とも会社のオーナー。

株式会社では出資をして株を持っている人、つまり株主が一番偉いとされています。
したがって、たとえ代表取締役社長であっても、株主がだめ!と言えば、
自分が思ったような方針で経営できなかったりします。

ただ、今までの日本の場合は特にそうですが、
代表取締役社長が一番出資しているケースが多かったので、
社長が一番偉いというイメージがあります。

また、上の例でBさんに出してもらった500万は
Aさんが借りたお金ではなく、出資してもらったお金です。

ですので、少し乱暴な言い方をすれば、
返さなくてもいいお金になります。

もし、Aさんが事業に失敗し、
Bさんに出してもらったお金を含む持ち金がすべてなくなっても、
Bさんには500万を返す必要がありません。

ですので、Aさんが最悪事業に失敗しても、
失う額は最大で500万ということになります。

この場合は、
Bさんに「Aさんの会社の将来性を見る眼」がなかった
ということで済まされてしまいます。

いくらAさんが、Bさんに、
さも自分の会社が将来性があるように売り込んで出資してもらったとしても、
Aさんが嘘を言っていない限りは、失敗したときの500万をBさんが負担します。

これが株式投資は自己責任といわれている所以です。

このページをはてなブックマークに追加