全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 証券会社の今風な選び方 > ネット銀行はどこがお得なの?

証券会社の今風な選び方

ネット銀行はどこがお得なの?

ここまで証券会社についていろいろ説明してきましたが、
ネットトレードのうまみを最大限に享受したい場合、
もうひとつ押さえておきたいことがあります。

それは、ネット銀行です。

もし今、普通銀行にしか口座をもっていないなら、
これからネットで株取引をする上で、
ネット銀行に口座を作っておくとお得です。

ネット銀行は普通の銀行と違って、
店舗をもちません。

その分人件費や店舗維持費が低コストで済むため、
振込手数料や金利で還元してくれています!

また、ネットから銀行残高を見たり、
証券会社への振込みをできるので、非常に便利です。

ネットをよく使う人は作っておいて損はないので、
この機会に作っておくことをおすすめします!

仮にネットで株取引をしないとしても、
金利や振込み手数料、コンビニで24時間出し入れできることを考えると、
やっぱりお得だと思います。

以下はネット銀行と普通の銀行の、
金利と振込み手数料を比較した表です。

 金利
銀行名 普通
貯金
定期貯金
1年 2年 3年
普通銀行 0.02% 0.025% 0.030% 0.030%
SBI銀行 0.02% 0.300% 0.130% 0.140%
楽天銀行 0.02% 0.300% 0.080% 0.090%
ジャパンネットバンク 0.03% 0.086% 0.087% 0.088%
新生銀行 0.01% 0.030% 0.040% 0.040%
ソニー銀行*1 0.02% 0.200% 0.053% 0.061%
大和ネクスト銀行 0.01% 0.220% 0.200% 0.200%
スルガ銀行 0.02% 0.025% 0.030% 0.030%
*この金利は2013年3月のものです。
*1:ソニー銀行の預金金利(円預金・外貨預金)は、随時見直されます。また、金融情勢等によっても変更します。
金利等取引条件の最新情報はソニー銀行のホームページ内で確認ください。


 振込手数料
銀行名 3万円未満 3万円以上
同行宛 他行宛 同行宛 他行宛
普通銀行 105円 210円 105円 420円
SBI銀行*1 0円 0円 0円 0円
楽天銀行*2 50円 160円 50円 250円
ジャパンネットバンク 52円 168円 52円 262円
新生銀行*3 0円 0円 0円 0円
ソニー銀行 0円 210円 0円 210円
大和ネクスト銀行*4 0円 0円 0円 0円
スルガ銀行 0円 315円 0円 420円
*1:SBI銀行は月3回まで振込み手数料が無料で、4回目以降は1回につき150円かかります。
   また、SBI銀行から楽天銀行への振込ははぜか無料対象外となっています(汗)
*2:楽天銀行はハッピープログラムに登録して条件を満たすと月3回まで無料となります。
*3:新生銀行は月1回(ステージにより月5回または月10回)まで振込み手数料が無料で、
   2回目以降は1回につき300円かかります。
*4:大和ネクスト銀行は月3回まで振込み手数料が無料で、4回目以降は1回につき210円かかります。
   また、SBI銀行と同じく楽天銀行への振込ははぜか無料対象外となっています(笑)

全般的にネット銀行が有利なのがわかると思います。

この場合の普通銀行の金利は大体平均値で、
振込手数料に関してはある銀行のものを引用しています。

にーちゃんは楽天銀行とジャパンネットバンク、
新生銀行に口座を持っています。

新生銀行は振込手数料が月最大10回まで無料なのが、
非常にありがたいです。

ただ、証券会社と提携されているのは、
SBI銀行楽天銀行ジャパンネットバンクスルガあたりが多いので、
証券会社に入出金するときにスムーズにするためには、
この4つのうちのどれかに作っておくといいでしょう。

提携していない銀行から証券会社への入金は、
数時間タイムラグがありますが、
提携している銀行から入金した場合は遅くとも1分以内には入金されます。

その上、提携銀行からの振込手数料は無料になるので、
最低一つはネット銀行に口座を作っておきたいところです。

特に、楽天銀行、ジャパンネットバンクは、金利も高く、
提携している証券会社も多いのでお薦めです。


 楽天銀行について
楽天銀行(旧イーバンク銀行)はハッピープログラムというものに参加すれば、
月3回まで振込手数料が無料になります。

毎月決まった日に振り込みを設定できる、振込予約など、
便利な機能もありますので非常に便利ですね。

にーちゃんは毎月の家賃を忘れないように自動振込に設定しています。

「楽天銀行の口座開設の詳細」へ進む→


 ジャパンネットバンクについて
ジャパンネットは唯一ネックだった口座維持手数料が廃止されて
使い勝手の良い銀行になっています。

振込手数料も比較的安くて、振込み予約もできるし、
セキュリティにも力を入れています!

本人認証に必要なパスワードを表示するトークンと呼ばれるものを
口座開設時に無料で配布してくれます。

トークンは60秒毎に1度だけ有効なパスワードを発行するので、
盗み見されたりしても安心です。

投資以外にもBIG・TOTOのくじや公営競技(競馬やボートレース)などと
連携しているので、簡単に楽しめるようになっています。

また、ワンタイムVISAデビットのサービスがありますので、
ネットショッピングでも安心して使うことが出来ます。

「ジャパンネットバンクの口座開設の詳細」へ進む→

 スルガ銀行について
スルガ銀行は金利や振込み手数料などでは、
特に条件がいいわけではありませんが、
この銀行を使うと、ANAのマイルが貯まっていきます。

もし旅行などで、頻繁に飛行機に乗る人なら、
このマイルをうまく貯めることで、
お金に換算すると、どの銀行よりも高金利にできる可能性もあります。

マイルが貯まる例は、

・給与振込口座に指定すると毎月50マイル
・電話料金の引き落とし口座に指定すると毎月10マイル
・保険やクレジットカードの引き落としで毎月5マイル

などがあります。
(他にもマイルがたまるケースはあります。)

頻繁に飛行機に乗る人にはおすすめの銀行です。

「スルガ銀行の口座開設の詳細」へ進む→

「にーちゃんの一押し証券は、、」へ進む→

少し実践編

このページをはてなブックマークに追加

「証券会社の今風な選び方」TOPへ戻る