全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 証券会社の今風な選び方 > 特定口座と一般口座について

証券会社の今風な選び方

特定口座と一般口座について

ネット証券に口座を開設するときに、
個人情報の入力と一緒に、
口座のタイプをどれにするかを決めなければなりません。

口座タイプには、以下の3つがあります。

・一般口座
・特定口座(源泉徴収なし)
・特定口座(源泉徴収あり)

この3つの中から一つを選ぶことになるのですが、
全く意味がわからないですよね?(笑)

この3つの違いは、主に株で儲けたときに支払う、
税金の納付方法にあります。
(それ以外は全く同じと思ってもらっていいです。)

ですので、それほど巨額を運用する予定がないのなら、
一番楽チンなのを選べばいいです。

 一般口座
年間(1月1日から12月31日)の売買は、
基本的に全て自分で集計し、利益が出ている場合は、
自分で確定申告して納税する、というタイプです。

必ず確定申告しなければならないので、
サラリーマンや公務員の人などは、
株のためだけに確定申告をしなければならず、少し面倒です。

 特定口座(源泉徴収なし)
納税の手間を省くために作られたのが、
特定口座になります。

特定口座は年間の売買の集計は、
証券会社が行って、
口座開設者に年間取引報告書を送付してくれます。

確定申告はこの報告書に基づいて、
やるだけですので、面倒な計算などは一切不要になりますが、
確定申告はしなければなりません。

 特定口座(源泉徴収あり)
同じく特定口座なので、
面倒な計算は全て証券会社がやってくます。

さらに、源泉徴収ありなので、
利益が出た場合はあらかじめ、
天引きのような形で税金が引かれるため、
確定申告の必要もありません。

サラリーマンや公務員にとっては、
株の利益も給料と同じ用に、
自動的に納税してくれるので、
一番手間がかからないタイプです。

納税までしてもらっても、
手数料などはかからず、一切無料なので、
たいていの人にとっては、
この、特定口座(源泉徴収あり)が一番お得といえるでしょう。


ただ、サラリーマンの人は、
副業の年間利益(株も合わせて)が20万円以下の場合は、
基本的にその20万円に対しては、課税されないことになっています。

この場合も、特定口座(源泉徴収あり)の場合は、
自動的に引き落とされるので、
20万円分の税金が損になります。

この税金を絶対払いたくない!という場合は、
特定口座(源泉徴収なし)に口座を開設し、
利益が20万円を超えた場合のみ確定申告すればよい
でしょう。

一般口座でもいいですが、計算を自分でしなくてはならないので、
特定口座(源泉徴収なし)の方がベターです。

特徴をまとめると以下のようになります。

口座タイプ 一般口座 特定口座(源泉徴収なし) 特定口座(源泉徴収あり)
年間の取引集計 自分でやる 証券会社がやってくれる 証券会社がやってくれる
確定申告 必要 必要 不要
税金 20万円以下は非課税 20万円以下は非課税 20万円以下も課税

 今年の損益を来年に繰り越したい場合
株をはじめたばかりで、思うように行かず、
損をすることはよくあります。

そんな時は「損失の繰越控除」を利用して、
今年の損を来年に繰り越しましょう!

「損失の繰越控除」を使えば、
来年以降3年間に渡って今年の損益を繰り越すことができ、
来年、利益が出たとしても、今年の損益と相殺され、
非課税にしてくれます!

ただ、この場合はどのタイプの口座を開設していても、
必ず確定申告が必要になります。

しかし、繰越できるメリットは大きいので、
特定口座(源泉徴収あり)に口座開設し、繰り越す場合は確定申告
とするのがおすすめです。

 結局どの口座がいいのか
「損失の繰越控除」は毎年の確定申告が条件になっているので、
「損失の繰越控除」をするなら、サラリーマン・公務員の方の
「20万円以下の確定申告免除」はできないということになります。

だから、どの口座にするかは「損失の繰越控除」を優先するのか、
「20万円以下の確定申告免除」を優先するのかにより決まります。

つまり上の記事でも書いたとおり、
「損失の繰越控除」を優先するなら特定口座(源泉徴収あり)、
「20万円以下の確定申告免除」を優先するなら
特定口座(源泉徴収なし)がいいと思います。

このどちらがいいのかは、運用額次第だと思います。

あまり高額でなければ、自分で確定申告する手間はかかりますが、
確定申告免除になるほうが税額を抑えられるので、
特定口座(源泉徴収なし)でいいと思います。

逆に運用額が高額なら「損失の繰越控除」の威力が大きいので、
特定口座(源泉徴収あり)のほうがいいと思います。

ただ基本は特定口座(源泉徴収あり)だと思うので、
どちらにしたらよいか迷う場合には
無難な特定口座(源泉徴収あり)を選ぶのがおすすめです。

また、税金については「株の税金について」も参照してください。

「証券会社選びのポイント」へ進む→
基礎編
このページをはてなブックマークに追加

「証券会社の今風な選び方」TOPへ戻る