全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 証券会社の今風な選び方 > にーちゃんの一押し証券は、、

証券会社の今風な選び方

にーちゃんの一押し証券は、、

これまで、証券会社選びのポイントなど、
いろいろ書いてきましたが、
ここでは、書いてきたことを全て踏まえて、
20個以上の証券会社に口座を開設した結果、
総合的に見て、どの証券会社が一押しなのかを書きたいと思います。

あまりうわべのことだけを書いてもしかたないので、
少しぶっちゃけたことも書きたいと思います。

ただ、このページはにーちゃんの意見をメインで書きますので、
自分が取引する価格帯がわかっていて、自分で証券会社を選べる人は、
あまり読んでもためにならないかもしれません。

証券会社についてあまりよくわからなんだけど、
ぶっちゃけ、どこがいいの?という人はぜひ読んでください!

さらに、複数口座を開設するなんて面倒臭い!
一つだけ口座開設したいんだけど、1番だけ教えて!
という人はすぐに読んでください!(笑)
あと10行下を見れば答えがわかります!!

他のページでは少し遠慮して書いていた節もありますが、
このページでは全開で書きたいと思います(笑)

まず下の表を見てください。
どことどこの証券会社を組み合わせて、、、と言うようなことな一切度外視して、
その証券会社が単独でもつ魅力を総合的に判断して、
10段階評価で点数をつけています。

順位 証券会社名 おすすめ度 資料請求
1位 マネックス証券 [詳細] 資料請求
2位 SBI証券 [詳細] 資料請求
3位 楽天証券 [詳細] 資料請求
4位 松井証券 [詳細] 資料請求
5位 SMBC日興証券 [詳細] 資料請求
6位 岡三オンライン証券 [詳細] 資料請求
7位 ライブスター証券 [詳細] 資料請求
8位 カブドットコム証券 [詳細] 資料請求
9位 GMOクリック証券 [詳細] 資料請求
10位 丸三証券 [詳細] 資料請求
11位 エイチエス証券 [詳細] 資料請求
12位 岩井コスモ証券 [詳細] 資料請求
13位 タチバナストックハウス [詳細] 資料請求
14位 むさし証券 [詳細] 資料請求
15位 内藤証券 [詳細] 資料請求
16位 SMBCフレンド証券 [詳細] 資料請求
*おすすめ度はにーちゃんが上記すべての証券会社に口座開設した上で判断しています。
*おすすめ度が同じ証券会社は、より魅力的と思う証券会社を上に表示しています。
*おすすめ度は今後、サービスや手数料が変わることによって、変わる可能性があります。

 株初心者に最もおすすめの証券会社は、、
にーちゃんもメイン口座として使っているマネックス証券です。

マネックス証券はとにかくサービスの充実度が群を抜いている証券会社です。

特に株の初心者の場合はわからないことがいろいろあるでしょうが、
サポートがすごく親切なので全くの初心者でも安心して取引をはじめることができます。

最大の特徴は特殊注文の豊富さです。

マネックス証券以外では不可能な注文方法がたくさんあり、
これを駆使すれば、自動的に売買する仕組みができるので、
日中は相場を見れないサラリーマンであっても、
損きりや利益確定を自由自在に行うことができます。

とにかく昔からサービスの質の高さはダントツでした。

そして、昔は手数料が高かったのですが、
今では格段に値下げされていて、かなり安くなっています。

ということで、コストパフォーマンスで考えると現状ダントツと言っていいと思います!

にーちゃんも手数料が改定されて以降、
改めてメイン口座として使っています!

1位:「マネックス証券の資料請求」へ進む→

 SBI証券について
SBI証券は、
もともとコストパフォーマンスに優れていた証券会社でしたが、
再三にわたる手数料改定で、約定20万円まで199円と、さらに安くなりました。

この証券会社はネット証券最大手だけあって、
手数料だけではなくてツールやサービスも充実しています。

更にIPOも抽選に落選すると、
徐々に当選確率が上がっていくという他にはない仕組みもあります。

SBI証券について、さらに詳しい情報を知りたい人は、
SBI証券のホームページで確認してください。
サービス内容が、わかりやすく解説されています。

2位:「SBI証券の資料請求」へ進む→

 楽天証券について
にーちゃん的には楽天証券は準メイン口座という位置づけで使っています。

この証券会社も、
かなりコストパフォーマンスに優れた証券会社だと思います。

マーケットスピードは今やネット株取引ツールの、
スタンダードと言ってもいいくらいです。

マーケットスピードはほとんどプロのトレーダーと同じような環境でトレードできるため、
情報や操作性の面で不利になることは一切ありません。

このトレードツールは本来有料なのですが、
口座に30万以上の資産が入っている人は永遠に無料で使い続けることができます。

30万でしたら、初心者でも比較的達成しやすい条件だと思います。
(ただ、新規口座開設時は無条件で3ヶ月無料となります。)

他にもたくさん無料になる条件があって、
どれかひとつを満たせばいいので、
現在多くの株初心者がマーケットスピードを無料で使い続けているようです。

3位:「楽天証券の資料請求」へ進む→

 松井証券について
松井証券のトレードツール「ネットストック・ハイスピード」は、
無料のもの(マーケットスピードを除く)としては、最高ではないでしょうか?

トップクラスではなく、トップだと断言していいと思います。

チャート機能はカブドットコム証券と、
松井証券のネットストック・ハイスピードのチャートが2強だと思います。

手数料も1日の株式約定代金合計が10万円まではずっと無料なので、
少額から始めたい人にはおすすめです!

4位:「松井証券の資料請求」へ進む→

 SMBC日興証券について
日本全国に実店舗を持つ大手の証券会社です。
信用取引なら取引手数料がなんと0円(無料!)となっているので非常にお得です。

また、株初心者に人気のIPOでは主幹事を務める機会が多く、
IPO投資を考えている人は必ず口座開設しておきたい証券会社です。

提供しているツールも月額3240円(税込)と有料ではありますが、
国内株式の取引が月5回以上あれば翌月は無料で使えます。

このツールはリアルタイムなチャート機能があるなど
本来は有料版とだけあって比較的高機能であるのは間違いありません。

5位:「SMBC日興証券の資料請求」へ進む→

 岡三オンライン証券について
手数料が安くて、初心者にも使い易いツールが魅力の証券会社です。

特に初心者がよく使うであろう10万円までの手数料が非常に安いので、
初心者におすすめの証券会社です。

知名度は他に比べるとあまりありませんが、
創業90年も続く岡三証券グループのグループ会社なので、
信頼度もあります!

6位:「岡三オンライン証券の資料請求」へ進む→

 ライブスター証券について
とにかく手数料の安い証券会社です。

当サイトに掲載している証券会社の中では、
20万円から100万円までのすべての約定価格帯で、
手数料最安値をたたき出しているというすごい証券会社
です!

とりあえず、手数料から言っても損は無いですね。

それと最安値をたたきだしている手数料の価格帯が少額なことを考えると、
初心者をかなり意識しているのが伺えます。

確かに画面もシンプルで分かりやすい構成になっています!

7位:「ライブスター証券の資料請求」へ進む→

 カブドットコム証券について
この証券会社はとにかく初心者に対する配慮がいたることろにされている会社で、
初心者でも株をはじめやすいように、いろんなサービスを提供しています。

その中でもにーちゃんが最も魅力的だと思うのは、
プチ株という1単元未満の株数を取り扱うサービスです。

なんと1株からでも株を購入することができますので、
いきなり数十万のお金を投資するのが不安な人でも、
本当にお小遣い程度のお金からリアルの株式投資を始めることができます。

また、この証券会社は、実はサービスがかなり充実しているのです。

たとえばチャートは機能的には現段階で業界トップでしょう。

複数のテクニカルチャートを同時に表示でき、
マウスのドラッグで、チャートの表示期間やテクニカルチャートの値などを変更できます。

8位:「カブドットコム証券の資料請求」へ進む→

 GMOクリック証券について
GMOクリック証券は非常にコストパフォーマンスの高い証券会社です。

高機能な発注ツールや分析ソフトなどを無料で使うことが出来るのですが、
ここまで手数料が安くなっているのは、
にーちゃんが思うに親会社がシステム開発会社であるということが上げられると思っています。

低コストでツール類の開発ができるため、
手数料を安く抑えることが可能となっています。

株の初心者にもわかりやすい管理画面となっていて、
初心者への配慮を感じます。

9位:「GMOクリック証券の資料請求」へ進む→

 その他の証券会社
証券会社同士の競争が激しいので、 本当にどこの証券会社も質が高いです。

ぶっちゃけ、下3つ以外は基本的に何の不足もないと思ってもらってもいいと思います(笑)

ただ、特に内藤証券とSMBCフレンド証券に関しては、
やや競争力に劣ると言わざるを得ないです。

内藤証券は手数料は安くなりましたが、
他の証券会社が無料で提供しているレベルのサービスを有料で提供していますし、
SMBCフレンド証券は手数料が高すぎます(汗)
手数料比較表は一番安い手数料プランで表示しているため、実際はこの倍かかります。)

したがって、残念ながら、この2つをすすめると、
にーちゃんがバッシングを食らいそうなので、
かなり厳し目の評価にさせてもらってます。

まあ、全て無料で口座を作れますから、作って損をするということは、
まずないと思いますが、口座を作るのにも貴重な時間を割かなければならないので、
まずは無難なところから作ってもらえればと思います。

1位:「マネックス証券の資料請求」へ進む→
2位:「SBI証券の資料請求」へ進む→
3位:「楽天証券の資料請求」へ進む→
少し実践編
このページをはてなブックマークに追加

「証券会社の今風な選び方」TOPへ戻る