全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 証券会社の今風な選び方 > 楽天証券

証券会社の今風な選び方

楽天証券

楽天証券
おすすめ度
他の証券会社とおすすめ度を比較する場合はこちら
トレードツールの最高峰「マーケットスピード」が魅力です!
マーケットスピードは有料ツールですが、口座に30万以上の残高がある人は、
無料で使えるシステムになっています。

比較的無料条件を満たしやすいのですが、
仮に無料と考えると、トレードツールとしては最強だと思います。

 基本情報
キャンペーン
画面サンプル ログイン画面 マーケットスピード1 マーケットスピード2
マーケットスピード3 チャート画面1 チャート画面2
チャート画面3 チャート画面4
口座維持手数料 無料
口座開設手数料 無料
備考 ・取引をしない限り、料金は一切発生しません。
・口座に30万以上入っていればマーケットスピードが無料になります!


 手数料 他の証券会社と手数料を比較する場合はこちら
10万 20万 50万 100万 300万 500万 1000万
成行 150円 199円 293円 525円 994円 994円 994円
指値 150円 199円 293円 525円 994円 994円 994円
10万 20万 50万 100万 300万 500万 1000万
1日
定額
0円 206円 463円 926円 3240円 5400円 10800円
備考 【成行】/【指値】手数料の上限は1,050円になります。
手数料は約定金額に対する率ではなく、固定で決められています。
【1日定額】300万以降は100万増加するごとに1,080円加算されます。


 入金無料銀行
みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 スルガ銀行 ジャパンネット銀行
×
楽天銀行 セブン銀行 じぶん銀行 ゆうちょ銀行
×
*リンクをクリックすると各銀行口座開設のページにリンクします。
*主要銀行のみ掲載しています。掲載していない銀行でも入金無料の場合があります。



 取扱商品
ミニ株 投資信託 IPO 中国株 米国株 国債 制度信用 一般信用
×
先物 オプション MRF CW CB FX 外貨MMF MMF
×
*項目がリンクになっているものは意味の説明が表示されます。

 取扱市場
東証 名証 福岡 札幌 JQ マザーズ
× ×
*東証と大証は2013年7月16日に統合しました。


 特殊注文 他の証券会社と特殊注文を比較する場合はこちら
逆指値 W指値 ±指値 連続注文 反対売買注文
× × ×
不出来引け成行 先頭指値 優先指値 現在値指値 期間指定注文
× × × 週末まで
*項目がリンクになっているものは意味の説明が表示されます。


 テクニカルチャート 他の証券会社とテクニカルチャートを比較する場合はこちら
価格帯別出来高 ボリンジャーバンド 一目均衡表 MACD
ストキャスティクス RSI RCI 移動平均線乖離率
*項目がリンクになっているものは意味の説明が表示されます。


 その他の機能など
リアルタイム株価 板情報 四季報
スクリーニング 夜間取引 立会外分売
×
*項目がリンクになっているものは意味の説明が表示されます。


 対応スマートフォン/対応モバイル(携帯電話)
iPhone Android iモード EZweb Yahoo!ケータイ Y!mobile
このページの情報は2017年9月1日時点の情報です。


 にーちゃんの一口メモ
画面構成はとてもシンプルで見やすく、
初心者でも操作に迷うことは無いと思います。

有名なのは、マーケットスピードですが、
非常に高機能で質のいいトレードツールだと思います。

一応3ヶ月3000円で有料なのですが、
以下の条件をひとつでも満たせば、無料で使うことができます。

1.新規に利用申請した場合、最初の3ヶ月
2.信用取引口座・先物・オプション口座、FX口座のどれかに口座開設をしている人
3.口座に30万以上入金している人
4.夜間取引を申請している人
5.過去3カ月で手数料の発生する1回以上の約定実績

どれも初心者でも満たしやすいものばかりですね。

現状多くの人がマーケットスピードを完全に無料で使い続けているようです。

にーちゃんの場合、3の条件を満たしていますが、
仮に無料と考えると、最強のトレードツールと断言していいと思います。
(株の短期売買でものすごい資産を築いているBNF氏も愛用しているようです。)

画面レイアウトを自由に変更(マイページ)できたり、
板情報からワンクリックで注文できたりと、
随所にスピードに対するこだわりを感じます。

銘柄ごとにニュースを表示できたり、
四季報は本になる前のものも参照できてしまうので、
速報性も他のツールよりも、一歩先を行っている感があります。

PER、PBRなどの指標も、株価に連動してリアルタイムで変動するため、
古い情報を見ている心配もありません。

また、IPOは過去6ヶ月間に1回以上の取引をしていないと、
申し込めません。

また、名証の銘柄はWEBまたはモバイルのみで売買可能です。

マーケットスピードでは名証の売買、銘柄登録ができませんので、
注意が必要です。

「楽天証券の資料請求」へ進む→

証券会社 個別徹底解説
このページをはてなブックマークに追加

「証券会社の今風な選び方」TOPへ戻る