全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 読書のポイント > 本腰を入れて読む

読書のポイント

本腰を入れて読む

時間効率がいいので、
本は電車の中など移動中に読むという習慣がついている人も多いと思います。

実はにーちゃんも移動中に読むタイプで、
長年これを続けると忘れがちなのですが、
本の種類によっては、机に向かって本腰を入れた方が、
はるかに効果が出るものもあります。

ファンダメンタルズ分析系の本なんかは特にそうで、
四季報を見て、電卓を弾きながら読んだ方が、
実践的で、翌日からその知識が使えたりします。

ネットで意味を調べながら読むなど、
電車ではできない、より理解を深める読み方ができます。

しかし、なんでもかんでも、本腰を入れていたのでは、
効率が悪くなってしまうので、良書のみ本腰を入れるといいと思います。

良書かどうかは読んでみなければわからないという場合は、
とりあえず移動中などに読んでみて、
良書と判断すれば家でじっくり読むというのもいいと思います。

このページをはてなブックマークに追加