全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 読書のポイント > 情報の鮮度を意識する

読書のポイント

情報の鮮度を意識する

にーちゃんは、本を読むときには、
その本に載っている情報が、
どのくらい新鮮なものかを常に意識しています。

にーちゃんは読むのが人より遅いので、
1冊読むのに時間がかかります。

なので、常に効率を追求して、情報の鮮度を意識しているのですが、
発売されてからあまりにも年月が経過していたり、
陳腐化した情報が載っているような本は、
絶対に買わない方がいいです。

新鮮な情報を得るのも、古い情報を得るのも、
情報を得るのに費やす時間は変わりません。

なので、当然ですが、なるべく新しい情報を吸収するのがベターです。

にーちゃんが紹介する本のページに、「発売日」の項目をつけているのも、
そのためです。

本は中古で買えば少し安くなりますが、
中古で買うことによって、情報が古くなってしまうのであれば、
本末転倒です。

本の値段が安くなっても、古い情報を仕入れるための時間が無駄なので、
全く意味がありません。

いくらその時は儲かっている投資手法でも、
数年経てば通用しない相場になっていることも多いです。

多分、「お金の有効な使い方」に書いたように、
無駄にした時間を時給に換算しても、
本を安く買えた分よりも損をすることになると思います。

本は自分の知識の源になるものなので、良質なものにこだわってください。

本を買うときは、必ずアマゾンなどのネット書店でレビューをみて、
できれば、「なか見!検索」で、内容も読んでみてから買うことをおすすめします。
目安としては、出版年月日があまり古くないものがよいです。

ただ、「金持ち父さん、貧乏父さん」のように、内容の鮮度が落ちにくい書籍もあります。
この辺は臨機応変に判断し、購入してください。

このサイトですすめている本は、にーちゃんのそんな観点から選んだ本を、
自信を持って薦めています。

このページをはてなブックマークに追加