全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > にーちゃんの「カモねぎ」談 > ライブドアショック:1月19日

にーちゃんの「カモねぎ」談

ライブドアショック:1月19日


この日のライブドア株価:416円
18日に下げたライブドア関連株以外の銘柄は、
この日は下げ止まりました。

ライブドアは依然としてストップ安の416円の気配値で、
この日も変わらず2億株ほどの売りが出ています。

にーちゃんのライブドア株を485円で650株買っていたので、
この時点で、4万4850円の含み損を抱えています。

買いに要した費用は、

485円×650=315250円

で、31万5250円です。

ライブドアへの強制捜査があった16日の時点で覚悟はしていましたが、
いよいよ本当に自分の出した31万が含み損を出し始めました。

すごく残念な気持ちはありましたが、
それと同時に、

「信用取引をやっていなかった自分は幸運だったなー。」

という考えも常にありました。

売り注文を消してからは、
別の選択肢も浮かぶようになっていました。

可能性として、

1.粉飾決算など致命的な違法を犯している→上場廃止になる。
2.偽計取引、風説の流布だけで済む→上場廃止にはならない

があると書きました。

この時点で、すでにおそらく上場廃止だろうと思っていたので、
2のケースは考えていませんでした。

そして、1の場合、上場廃止になるとして、
さらに以下のケースを考えていました。

A.売りたたかれたところを投資ファンドが買収し、株価が多少回復するかもしれないので保有する
B.上場廃止になっても再上場するまで保有する
C.やっぱりなるべく高い値段で売る

Aなら様子を見て上場廃止までに売れるかもしれませんが、
Bならかなり塩漬けを覚悟しなければなりません。

資金がかなりあったならBの選択もあったかもしれませんが、
1年や2年で再上場するとは思えなかったので、
Bはすぐに却下しました。

Aの場合上場廃止直前まで保有することによって、
本来もう少し高く売るチャンスがあるところを、
もし買収されず、株価が回復されなかったら、
本当に底値で売ることになります。

どこかが買収するかどうかなんて、
この時点ではインサイダー情報をもっていない限りわかりません。

したがってAも却下し、結局Cのやっぱりなるべく高い値段で売る、
という結論に達しました。

このページをはてなブックマークに追加