全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > 余談に近い知識 > 見せ板ってなに?

余談に近い知識

見せ板ってなに?

それほど重要なわけではないのですが、
小型株を比較的短期で売買する人にとってはやっかいな問題なので、
ここで取り上げたいと思います。

自分は大型株を長期でしか売買しない!
という人にとっては、ほとんど関係ありません!(笑)

見せ板というのは、
買う気が無いのに買い注文をだしたり、
売る気が無いのに売り注文をだしたりすることです。
見せ玉:みせぎょく とも言います。)

なぜこんなことをするかと言うと、
そうすることによって本来あるべき価格より安く買えたり、
高く売れたりするためです。

たとえば、自分がある銘柄を売りたいと思ったときに、
買う気は全くないけど、大量の指値買い注文を出したとします。

買う気はないので、約定しない程度に安い値段に指値します。

すると、大量の買い注文が出ている板情報を見た売り手たちは、
「買いが厚くなってきたから、もっと高く売れるぞ!」
と考えて、自分が今指値している値段を切り上げます。

すると気配値は徐々に上がっていくので、
十分に値が上がったところで、
売り注文を出し、高く売り抜けます。

そのあと、買い注文はもう必要ないのでキャンセルします。

すると、買い気配が一気に少なくなるので、
値段が下がり、結局もとの株価付近に落ち着きます。

見せ板は証券取引法で禁止されている行為です。

基本的に大量の資金が必要になるため、
普通の個人投資家にはできませんし、
(まあ、やっちゃだめなんですけど、、)
ぱっと見わかりません。

ですので知らない間に被害にあっている可能性もあります。

違法行為なのですが、
あまりに多くの人が見せ板をやっているので、
実質的に野放しになっている状態です。

実は東証と大証の注文の3割から4割がキャンセルされるそうです。
*東証と大証は2013年7月16日に統合しました。

キャンセルされる注文のすべてが見せ板ではないですが、
板情報を盲信する前に、この事実を前提知識としてもっておいた方がいい
ということには間違いありません。

さらに、見せ板というのは特定の銘柄で行われることが多いですから、
銘柄別に注文のキャンセル率を算出できたとすると、
驚くべき結果が出そうな気はします。
(つまり、一部の銘柄が異常にキャンセル率が高いということになると思います。)

ですので、流動性の低い株を、比較的短期で売買する場合は、
見せ板の可能性も頭の隅においてもらえればと思います。

ただ、大型株では、
値を上げるほどの注文を入れるためには、
莫大な資金がいるため、ほとんど心配要りません。

見せ板をやる人も、費用対効果のよい小型株をメインでやっているようです。

もし、みなさんが見せ板らしき動きを発見し、どうしても我慢ならない場合は、
以下のURLまで、張り切って連絡しましょう!
ひょっとしたら、せこい奴らを懲らしめられるかもしれません!(笑)

証券取引等監視委員会
https://www.fsa.go.jp/sesc/watch/

このページをはてなブックマークに追加