全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > テクニカル分析 > グランビルの法則:売りのタイミング

テクニカル分析

グランビルの法則:売りのタイミング


信頼度:
難易度:
ここでは、グランビルの法則の、
売りシグナル4つを紹介します。

買いのタイミングのところでも書きましたが、
これをやれば絶対に儲かる、ということはありません。

しかし、すごく基本的なので、
常に頭の片隅に置いておく感じでいいと思います。

売りのタイミング、つまり、チャートが以下のようになったら、
株価が下がるケースが多いというパターンです。


上昇中の移動平均線を、
株価が上に大きく離れた(乖離した)時。
上昇トレンド中の短期的な調整に入ると判断できます。



移動平均線が横ばいまたは下降しているとき、
株価が平均線を下回った時。
下降トレンドに転換したと判断できます。



移動平均線が下降しているとき、
株価が上がってきたが、
平均線より下で上げどまりの動きを見せた時。
下降トレンドが継続されると判断できます。


移動平均線が下降しているとき、
株価が平均線より少し上回ったが、
すぐに平均線を割り込んで下落した時。
下降トレンドが継続されると判断できます。


上の4つの中では、②が一番強い売りサインで、
デッドクロスと呼ばれています。
(下降トレンドの初期の段階で現れます。)

①は上昇トレンド中の買われすぎといったニュアンスで、
調整(短期的な下降トレンド)が入る可能性が高まっている状態です。

にーちゃんの場合は、このケースでは、
売るにしても、また買うことを前提にした売りになります。

③は下降トレンド中に株価が上がってきたが、
「今のうちに売っとけ」という投資家心理が表れたケースになります。

市場がまだ下降トレンドが継続すると捉えている状態です。

④は移動平均線を抜いている分、③よりも悲観的な見方は薄いですが、
それでも市場がまだ下降する見方が強いと判断できます。

グランビルの法則より有効なサインを出すテクニカル指標などもありますが、
現在流通しているテクニカル指標や、
チャートパターンの基となるような基本的なものなので、
押さえておきたいところです。

このページをはてなブックマークに追加