全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > テクニカル分析 > MACD(マックディー)

テクニカル分析

MACD(マックディー)


信頼度:
難易度:
別名を移動平均収束発散法といい、
英語にすると、
Moving Average Convergence and Divergence
と言うそうですが、
名前は全く気にしなくていいと思います。

ポイントさえ押さえれば本当に簡単なので、
紅茶でも飲んでリラックスしながら読んでください!

MACDはMACDとシグナルという2つの線からできています。

サインとしては、
MACDがシグナルを下から突き抜けたら(ゴールデンクロスしたら)買い、
MACDがシグナルを上から突き抜けたら(デッドクロスしたら)売り、

という2つです。

MACDとシグナルがゴールデンクロスした場合は、
上昇トレンドが発生したサインと見なせます。

MACDとシグナルがデッドクロスした場合は、
下降トレンドに転換したサインと見なせます。

MACDが効力が強いのは、
移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスより、
早い段階でサインが出るということです。

ですので、「チャートパターン」のところで説明した、
移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスより、早く出るので、
利益を汲み取りやすくなっています。

以下のチャートを見てください。

買いサインがかなり有効に発生していることがわかります。

ローソク足チャート:MACD
上記のチャートはMACDの効果がわかりやすく出ているものを選びましたが、
もちろんだましサインもあります(笑)

ただ、証券会社のチャートなどで確認してもらえればわかりますが、
かなり効力の高い指標であると言えます。

この様に証券会社のサイトなどで、
MACDなど、その他のテクニカル指標もチャート表示できるので、
わざわざMACDの仕組みを解明して、
計算方法をマスターしたりする必要は一切ありません。

カメラの仕組みは知らなくても、
シャッターを押せば、だれでも写真が取れるのと一緒で、
ゴールデンクロスは買いのサイン、
デッドクロスは売りのサインということだけを覚えておけばOKです。

このページをはてなブックマークに追加