全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > テクニカル分析 > グランビルの法則:買いのタイミング

テクニカル分析

グランビルの法則:買いのタイミング


信頼度:
難易度:
ウォール街にチャート分析を極めたおじさんがいます。

ジョセフ・グランビルという人ですが、
そのおじさんが考えた売買手法なので、グランビルの法則と呼ばれています。

全部で買いシグナル4つ、売りシグナル4つの計8つがあります。

ここでは、そのうちの買いのタイミングである4つを説明します。

これをやれば絶対に儲かる、ということはありませんが、
すごく基本的なので、にーちゃんは常に頭の片隅に置いています。

買いのタイミング、つまり、チャートが以下のようになったら、
株価があがるケースが多いというパターンです。


移動平均線が下降を続けたあと、
横ばいになり、移動平均線を
下から株価が突き抜けた時。
上昇トレンドに転換したと判断できます。


移動平均線が上昇しているとき、
株価が平均線を下回った時。
上昇中の買い場と判断できます。



移動平均線が上昇しているとき、
株価が下がってきたが、
平均線より上で反発の動きを見せたとき。
上昇トレンドが継続されると判断できます。


移動平均線が下降しているとき、
株価が平均線より大きく下回ったとき。
下降トレンド中の売られすぎと判断できます。



上の4つの中では①が一番利益を汲み取れるサインで、
ゴールデンクロスとも呼ばれています。
(上昇トレンドの初期に現れるサインです。)

②は株価の上昇を確認したあとの買い場になります。
(上昇するとわかった株を買うチャンスになります。)

③も②と同じような感じですが、③の方が上昇パワーが強い相場です。
市場が「まだ上昇する」と強気の判断をしているときです。

逆に④は下降トレンド中の一時的な上昇というサインになるので、
このサインを信じるなら、反発はするけど、すぐ下げに転じるということになります。

以上4つのグランビルの買いの法則でした。

疑問に思った方もいるかもしれませんが、
移動平均線は何日線で見るのがよいでしょうか?

25日線と75日線がよく用いられますが、
にーちゃんは何日線で見てもいいと思います。

重要なのは、出現するサインは、
短期の平均線で見るほど、短期的な効力しかなく、だましも多い。
長期の平均線で見るほど、長期的な効力があり、だましも少ない。

ということです。

なので、これを理解している限り、
用途にあわせて見る平均線の期間を変えるのがベストだと思います。

このページをはてなブックマークに追加