全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > テクニカル分析

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析で長期的に保有する銘柄を決めたら、
次はテクニカル分析で実際に売買するタイミングを決めます。

テクニカル分析は、今の市場の株価の動向から、
次に株価がどう動くかを予想する分析方法です。

チャート分析やテクニカル指標がありますが、
統計学も入っているのでそれなりに効力を発揮します。

ファンダメンタルズ分析よりも短期的な売買に役立ちます。

にーちゃんの場合中長期保有することが多いので、
ファンダメンタルズ分析:テクニカル分析の割合は8:2くらいです。

ここでは、にーちゃんが実際に使用してみて、
効果の高かったと思われるものをメインで紹介します。

また、ここでは、チャートパターンごとに、
信頼度と難易度を10段階で評価してみました。

難易度は実践に生かすレベルまで到達するまでの難易度、
信頼度はそのパターンが売買サインとして、どれくらい有効かを示しています。

ただ、信頼度が10になっていても、必ず当たるということではありません!

テクニカル分析ってなに?

テクニカル分析の説明に入る前に、
「それより、テクニカル分析ってなに?」
と思っている人がいるとすごくまずいので、
ここで、テクニカル分析とはなにか、を説明したいと思います。

「テクニカル分析ってなに?」詳細はこちら

グランビルの法則:買いのタイミング


信頼度:
難易度:
ウォール街にチャート分析を極めたおじさんがいます。

ジョセフ・グランビルという人ですが、
そのおじさんが考えた売買手法なので、グランビルの法則と呼ばれています。

全部で買いシグナル4つ、売りシグナル4つの計8つがあります。

ここでは、そのうちの買いのタイミングである4つを説明します。

これをやれば絶対に儲かる、ということはありませんが、
すごく基本的なので、にーちゃんは常に頭の片隅に置いています。

「グランビルの法則:買いのタイミ...」詳細はこちら

テクニカル分析におすすめのサイト

~すみません、、Infoseekマネーはサービス終了しました。~
~このページは参考までに残してあります、、~

テクニカル分析をするときに、にーちゃんはInfoseekマネーを活用しています。

テクニカル分析に非常に役立ってくれます!

「テクニカル分析におすすめのサイ...」詳細はこちら

グランビルの法則:売りのタイミング


信頼度:
難易度:
ここでは、グランビルの法則の、
売りシグナル4つを紹介します。

「グランビルの法則:売りのタイミ...」詳細はこちら

ボックスの動き


信頼度:
難易度:
昔からプロの投資家によく使われているチャートパターンで、
箱の中で動いているようなチャートになっているため、
「ボックスの動き」などと呼ばれたりします。

にーちゃんも常に参考にしているパターンですが、
ボックスの動きになったときは、
チャート初心者でも、株価が捕らえやすく、
比較的利益が汲み取りやすいパターンなので強力です!

「ボックスの動き」詳細はこちら

株価が移動平均線にタッチしたら買い


信頼度:
難易度:
グランビルの法則にもあるパターンですが、
かなり基本的で、出現頻度が高いので、
ここで具体例を基に説明します。

「株価が移動平均線にタッチしたら...」詳細はこちら

MACD(マックディー)


信頼度:
難易度:
別名を移動平均収束発散法といい、
英語にすると、
Moving Average Convergence and Divergence
と言うそうですが、
名前は全く気にしなくていいと思います。

ポイントさえ押さえれば本当に簡単なので、
紅茶でも飲んでリラックスしながら読んでください!

「MACD(マックディー)」詳細はこちら

ボリンジャーバンド


信頼度:
難易度:
移動平均線の上下に2本づつ線を引いた、
帯(バンド)のようになっている指標です。

仕組みは理解しようとせず、
ボリンジャーバンドを見て株価を予想できるようにだけすれば、
MACDよりもさらに簡単です!

その上、この指標は統計学的に作られたものなので、
信憑性は非常に高いです。

「ボリンジャーバンド」詳細はこちら

ストキャスティクス


信頼度:
難易度:
買われすぎ、売られすぎがわかる指標に、
ストキャスティクスと言う指標があります。

「ストキャスティクス」詳細はこちら

テクニカル指標を選ぶ時のポイント

ここでは、どのテクニカル指標を使うか?
ということを考えたときに、
重要になるポイントを書きたいと思います。


「テクニカル指標を選ぶ時のポイン...」詳細はこちら

テクニカル指標の的中率は相場環境によって変わる

ここまでで、
ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクスなど、
にーちゃんが有効だと思っているテクニカル指標を紹介しました。

これらを参考に売買をしてみると、
「この指標の買いサインは的中率が高いぞ!」
と感心することもあります。

しかし、すべてのテクニカル指標にいえることですが、
的中率は、相場環境によっても変わります。

「テクニカル指標の的中率は相場環...」詳細はこちら