全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > ファンダメンタルズ分析 > EPSとPERのわかりやすい説明

ファンダメンタルズ分析

EPSとPERのわかりやすい説明

BPS、PBRに引き続き、
EPSとPERの説明をします。

またまたA社を例に考えましょう。

A社の利益は年間1000万円です。

これらの利益は全て株主のものになりますから、
A社の発行済株式数が100株で、
あなたがA社の株を1株持っているなら、
A社が1年間に稼いだ1000万の利益のうち、

1000万÷100=10万

10万円はあなたのものになります。

1000万がすべて株主のものになるのですから、
発行している全ての株数で割ったものが、
一株あたりの利益になります。

これをEPS(Earnings Per Share)と言います。
(一株あたり利益とも言います。)

BPSとPBRのわかりやすい説明での例では、
A社の株価は10万円、一株当たりの資産は20万円なので、
PBRは0.5でした。

かりにA社の株価が50万だとしたら、
PBRが2.5倍になり、資産の面から見れば割安とはいえません。

しかし、年間の一株当たりの利益が10万となると、
一株当たりの資産が20万なので、
A社の株を3年間保有すれば、

一株当たり資産20万+年間利益10万×3年=50万

となり、元が取れる計算になります。

そして、PBRと同じく、
株価を一株あたりの利益で割れば、
利益に対してどれくらい割安かがわかりやすい!ということで、

株価÷一株当たりの利益

という計算がよく使われます。

これで算出した値を、PER(Price Earnings Ratio)と言います。
(株価収益率とも言います。)

A社の株価を50万とすると、PERは、、

50万÷10万=5

となり、PERは5となります。

これは、この株を買えば、
5年分の利益で元がとれますよー、と言う意味になります。

このように、株を買うときは、
資産だけに着目するのではなく、
利益にも着目するため、
たいていの株はPBR1倍以上になっています。

当然ですが、会社は利益を出すものなので、
資産だけの価値しかない会社というのはあまり存在しません。

ですので、PBRが3倍の株であっても、
利益の面から見て安い場合もあるのです。

基礎的なファンダメンタルズ分析としては、
前ページで説明したBPSとPBR、
そしてこのページで説明したEPSとPERで、
資産の面、収益性の面から考えて割安である銘柄を買うことになります。

ここまでがファンダメンタルズ分析を勉強すると、
誰もがはじめに知ることになる指標の説明でした。

このページをはてなブックマークに追加