全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > ファンダメンタルズ分析 > BPSとPBRのわかりやすい説明

ファンダメンタルズ分析

BPSとPBRのわかりやすい説明

ここではBPSとPBRというものについて説明します。

いきなり難しい言葉が出てきましたが、
わかりやすく説明するので大丈夫です(笑)

「ファンダメンタルズ分析ってなに?」で説明したA社の例を、
もう一度考えてみましょう。

A社は、お金や不動産など、
会社が持っている資産を全て合計すると、
2000万円になりました。

そして、発行済株式数は100株です。

もしあなたが一株だけ持っているとして、
このA社が解散した場合、
いくらよこせと要求できるでしょうか?

そうです、2000万を100で割った、
20万円になります。

この20万というのが、一株あたりの資産になります。

この「一株あたりの資産」という言葉、聞いたことないですか?(笑)

これを小難しくアルファベットで言い換えたのが、
BPS(Book-value Per Share)です。
(一株株主資本とか一株純資産とも言われます。)

そして、この一株あたりの資産で、
株価を割ると、その株がどれくらい割安なのかが分かりやすい!ということで、
よく、

株価÷一株あたりの資産

という計算をします。

これで算出した値がPBR(Price Book-value Ratio)です。
(株価純資産倍率とも言います。)

A社の場合、株価は10万円なので、
PBRは、、

10万円÷20万円=0.5

となるので、PBRは0.5になります。

これは、今のA社の株価は、
純資産の半分の価格ですよ~ということを意味しています。

つまりPBRが1だと、
ちょうど株価が一株あたりの資産とぴったり一致するということになるので、
資産価値だけを考えると、
PBRが1以下だと割安、1以上だと割高だと言えます。
(あくまでも資産価値だけを考慮した場合です。)

これがBPSとPBRの説明です。

・・・・わかりやすかったですか?(笑)

BPSとPBRの説明をしましたが、
どちらかというとPBRの方がよく接する指標になります。

ですので、株価というものは、
一株100万円だから高い!とか、
一株3万円だから安い!という判断ではなく、上記のように、
資産がこれだけあるのだからこの価格なら安い!
というような判断をするのが全うです。

また、通常企業というのは、利益を出すための存在ですから、
資産価値より株価が高くなっているのが普通です。

つまりPBR1以下の企業の方が少ないです。

それよりも利益に期待して買われているということですね。

このページをはてなブックマークに追加