全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > まったりインデックス投資! > ETFは国内より海外のほうが魅力的!

まったりインデックス投資!

ETFは国内より海外のほうが魅力的!

インデックス投資はインデックスファンドかETFで投資します。

前回の記事ではインデックスファンドの特徴を紹介したので、
今回はETFの特徴を紹介していきます。

ETFは上場した投資信託!
そもそもETFというのが何なのかですが、
簡単に言うと証券取引所に上場している投資信託(インデックスファンド)で、
比較的新しい投資商品です。

新しいと言っても海外ではすでに超定番商品で、
日本でも随分前から購入することができていました。

ただなぜか日本ではあまり浸透していなくて、
未だに新しいと感じてしまう商品ですね。

ETFは元々が投資信託だから投資信託の性質も持っているし、
上場しているから株の性質も持っている不思議な商品です。

ただどちらかと言えば株とほぼ同じで、
証券会社で株を売買するのと同じ感覚でETFも売買できます。

信用取引もできるし、税制も株と一緒なんで、
基本は株と同じだと思ってもらって問題ないと思います。

リアルタイムで売買できる!
じゃあなんで投資信託をわざわざ上場させているのかと言うと、
それなりのメリットがあるからなんですが、
そのひとつが注文したらすぐに約定できることです。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、
投資信託の場合は売買の注文してもすぐには約定しないです。

約定結果が分かるのは早くても翌日で、
しかも注文の段階では何円で約定するのかも分かりません。

ETFではその点が改善されていて、
株式市場の取引だから売りたい人がいれば買えますし、
買いたい人がいればリアルタイムで売ることができます。

ただ注意しないといけないのが、
上に書いたとおりETFはまだあまり浸透していないので、
出来高が十分でないETFも中にはあって、
数日間も取引されていないものもあったりします、、

そうなると売りたいときに売れないことにもなりかねないので、
ETFを取引するなら十分な出来高があるかは要チェックです!

ETFの信託報酬は更に安い!
前回の記事でインデックスファンドは信託報酬が安いと書きましたが、
実はETFの信託報酬は更に安く設定されています。

販売手数料 信託報酬
ETF 有料 かなり安い(0.1~0.7%)
インデックスファンド ほとんどが無料 安い(0.3~1%)

だいたい0.2~0.4%ぐらい安くなっているのですが、
なぜ安いかと言うと信託報酬を受け取る会社が少ないからです。

投資信託の信託報酬は販売会社、運用会社、信託会社の3社で
分け合うかたちになるんですが、
ETFは株式市場で投資家間での売買になるので販売会社が存在していません。

だから販売会社の取り分だけ信託報酬が安くなっています。

ただしETFは株と同じなので取引する際に取引手数料が発生します。

でも、株の取引き手数料は随分安くなっていることと、
取引手数料は1度きりだけど信託報酬は毎年発生することを考えると、
手数料はETFのほうにメリットがあると思います!

魅力的な海外の商品を購入できる!
ETFには国内の証券取引所に上場している国内ETFと
海外の証券取引所に上場している海外ETFの2種類があります。

国内ETFには日経平均225やTOPIXに連動したETFが充実していますが、
海外のインデックスに連動するETFはほとんどなく、
あっても出来高が十分にないので取引がしにくい状況が続いています。

海外ETFには逆に日経平均225やTOPIXに連動したETFはほぼないですが、
海外のインデックスに連動した商品が豊富にあり、
世界中の人が取引しているので流動性も全く問題ありません。

しかも比較的に業績が安定している公共事業関連の企業に特化したETFとか、
高配当株だけを集めたETFとか魅力的な商品も多いです。

ETFの魅力は海外ETFにあると言っても過言ではないですね。
イメージ的には下表のような感じです。

投資先:日本 投資先:海外
国内ETF そこそこある あまりない
海外ETF 存在しない 十分ある

海外の魅力的なETFが国内に上場してくれて、
出来高も十分ある状態がベストですが、
今のところ海外ETFを売買するのがベターですね。

海外ETFについてはもう少し詳しく次の記事で紹介していきます!

このページをはてなブックマークに追加