全くの初心者でも株式投資を理解できるサイトです。

株初心者のためのサイト!地球上で一番わかりやすい 株講座 > NISA超入門 > NISAで非課税になる仕組みはこんな感じ!

NISA超入門

NISAで非課税になる仕組みはこんな感じ!

NISAを利用して税金が0%、
つまり非課税となる仕組みについて書いていきます。

少しややこしいですが、ここを理解しておかないと、
節税どころか損をしかねないので注意が必要です!

毎年100万円までの投資が非課税になる
NISAには税金が0%になる非課税投資枠というのが用意されていて、
この非課税投資枠を使って投資をすると、
売却益と配当金が5年間非課税となります。

非課税投資枠は年間100万円まで用意されているので、
多くの方が税金支払うことなく投資することが可能だと思います!

例えば2014年の非課税投資枠を使って80万円の株を購入したとすると、
この株を売却したときに得た売却益については税金がかかりません。

それと売却までに得た配当金も最大で5年間、
この場合だと2018年までの配当はすべて非課税です!

こうした非課税投資枠が2014年からの10年間、2023年まで設けられています。

非課税期間はいずれも最大で5年間なので、
毎年この投資枠を最大限に利用すれば、
5年目以降は最大で500万円分の運用も可能になっています。


5年経過したらどちらかを選択する!
非課税期間の5年を過ぎたらどうなるかというと
次の2つのうちのどちらかを選択することなります。
  • 一般口座・特定口座に移管する
  • 翌年の非課税投資枠を使用する

まず1つ目はNISA口座から一般口座・特定口座への移管にするケース。

この場合、非課税にならないのかと言うとそうでもなく、
移管する時点の株価で取得したものとして移管されるので、
値上がりしていた場合は、そこまでの利益が非課税になります。

ちょっとややこしいので事例を使って説明すると、
例えば80万円の投資枠を使って購入した株が
5年後に100万円となっていたとします。

これを一般口座・特定口座へ移管すると、
100万円で取得したものとして移管されます。

しかし、NISA口座で購入した時は80万円なので、
値上がりした20万円はなかったものとして扱われて非課税になります。

では次に2つ目の翌年の非課税投資枠を使用するケース。

これは翌年の非課税投資枠を使って、
引き続きNISA口座で運用することを意味します。
(上の図のピンクの吹き出しの部分です)

例えば2014年に投資したら
5年後の2018年末が期限となるわけですが、
翌2019年の非課税投資枠を使えば、引き続きNISA口座で運用が続けられます。

どちらを選択するのかは、そのときの状況次第ですが、
もし評価損になっている場合なら、
にーちゃんなら2つ目のほうを選びますかね。

その理由は次の記事に関係してくるので、
そっちを見てもらえれば分かると思います。

そうしたらここまでの内容をまとめると、

  • NISAには税金が0%になる非課税投資枠がある
  • 非課税投資枠は年間100万円まで
  • 非課税投資枠の非課税期間は最長5年間
  • 非課税投資枠は2014年から2023年の10年間
  • 非課税期間の5年が経過したら一般口座・特定口座に移管。
    もしくは翌年の非課税投資枠を使用

というところがポイントです。

では次は、NISAの運用で気になるところを中心に書いていきます。

このページをはてなブックマークに追加